【アイデア発想】 1つのキーワードから8つのアイデアをひねり出す方法!

アイデア出しの手法としてまず「ブレインストーミング」を利用される方が多いと思います。 ちょっとしたアイデア出しであればブレインストーミングでもいいと思います。しかし、アイデアを掘り下げてもっとアイデア出しをするとなると、ブレインストーミングでは物足りないかもしれません。 また、こんな状況もあるかと思います。例えば、「限られた時間で多くのアイデアを出したいのに有効な発想法がわからない」という方のためにアイデア出しするためのヒントをご提案したいと思います。アイデア出しの手法としてまず「ブレインストーミング」を利用される方が多いと思います。 ちょっとしたアイデア出しであればブレインストーミングでもいいと思います。しかし、アイデアを掘り下げてもっとアイデア出しをするとなると、ブレインストーミングでは物足りないかもしれません。 また、こんな状況もあるかと思います。例えば、「限られた時間で多くのアイデアを出したいのに有効な発想法がわからない」という方のためにアイデア出しするためのヒントをご提案したいと思います。

⇒【アイデア発想】 1つのキーワードから8つのアイデアをひねり出す方法

ここでお役に立てそうな本をご紹介いたします。 よくブレインストーミングで出したアイデアは多いのに、実際に使えるものがなかったということがあるかと思います。 しかし、ブレインストーミングで出したアイデアは商品を考えだすための「ネタ」なのです。 したがって、それらのネタをすぐに捨ててはいけません。ネタを組み合わせることで商品のアイデアになります。 以下は管理技術の一つである「バリューエンジニアリング (VE)」の本です。 バリューエンジニアリングは機能 (F)÷コスト(C)=価値の考えに基づき、価値を向上させた商品を作る手法です。 VEは正しい手順があり、その手順に従って活動を実施していきます。その手順の一つに「アイデア発想」があり、アイデアの評価方法が決められています。 VEに限らずアイデア出しをした後の評価をする際には、以下にご紹介する本が参考になります。

新・VEの基本―価値分析の考え方と実践プロセス