【チームワーク!】 30分で108個のアイデアを出す方法をご紹介します!

一人でもアイデア出しをすることができます。しかし、複数でアイデア出しをすればたった30分で108個のアイデアを出すことが可能なのです! 本サービスでは、「ブレインストーミング」とはちょっと違ったやり方でチームワークでアイデア出しをするコツをご紹介したいと思います。

⇒【チームワーク!】 30分で108個のアイデアを出す方法

ここでお役に立てそうな本をご紹介いたします。 よくブレインストーミングで出したアイデアは多いのに、実際に使えるものがなかったということがあるかと思います。 しかし、ブレインストーミングで出したアイデアは商品を考えだすための「ネタ」なのです。 したがって、それらのネタをすぐに捨ててはいけません。ネタを組み合わせることで商品のアイデアになります。 以下は管理技術の一つである「バリューエンジニアリング (VE)」の本です。 バリューエンジニアリングは機能 (F)÷コスト(C)=価値の考えに基づき、価値を向上させた商品を作る手法です。 VEは正しい手順があり、その手順に従って活動を実施していきます。その手順の一つに「アイデア発想」があり、アイデアの評価方法が決められています。 VEに限らずアイデア出しをした後の評価をする際には、以下にご紹介する本が参考になります。

新・VEの基本―価値分析の考え方と実践プロセス